元カレとの復縁になぜ冷静期間が必要なのか3つの理由を紹介

星の数ほどあるサイトの中からこちらにご訪問下さり、ありがとうございます。

 

明けましておめでとうございます!!

昨年は本当色々大変な年でした。

今年は少しでも良い方向に向かうように、

そしてこのサイトを訪問してくださる方達にも

素敵な一年になりますように!

と、願わずにはいられません。

もちろん今年はアタシももっともっと頑張りたいと思ってるで!

どうぞ今年もよろしくお願いいたします♡

 

という訳で、はい!復縁魔女こと、イツキです!

 

2021年最初にお話しするんは、ここのブログでも紹介している復縁のテクニックにも頻繁に登場する「冷却期間」について。

簡単にいうとまぁ、「復縁アプローチに切り込む前の一切連絡を取らない期間」のことなんやけどね。

今回はこの「冷却期間」が必要といわれるその「理由」について掘り下げて話したいと思います。

 

確かに冷却期間の間に新しい彼女できてしまったらどうするん!とか

冷却期間後に「今さら何いってんの?」とか言われたらいややん!なんて思うよね。

でもね、聞いてほしいの。

 

「適切な冷却期間を置くか置かないかで、その後の進展に差が出る」としたら。

この記事読まないという選択肢はない…(笑)

 

いや、ほんまです。

 

冷却期間って本当に必要なの?と悩んでいるあなた!

「必要な理由を3つ」詳しく紹介するから、これ読んでからでも冷却期間が要るか要らないか判断しても遅くはないで!

 

ぜひぜひ、最後までお付き合いくださいな♪

 

元カレとの復縁になぜ冷静期間が必要なのか

別れた相手とヨリを戻すためには、冷却期間が必要であるとよく言われます。

それはなぜやと思う?

ケンカ別れならすぐ謝って仲直りした方が早いやん、とか別れたあと時間が経つと連絡取りづらくなるやんとか、思っちゃうよね。

うんうん、わかります。

でもね、冷却期間は本当に必要な場合が多いんです。

 

なぜなら、

復縁を成功させる為に、お互いに頭を冷やし心を落ち着かせるための時間が必要だから。

 

別れてしまった後というのは、すぐには彼の事が忘れられずに

「彼以上の人はいない」って思い込んで、「すぐにでも復縁したい」と、焦ってしまうかもしれない。

イツキイツキ

でもそれはあかんねん!!

焦って行動しちゃうと、本来なら上手くいくはずの復縁も失敗に終わってしまうかもしれないんよ。

それだけは避けたい!

「もう私は冷静よ!」って人もいるかもしれないけれど、それだけじゃない理由もちゃんと知りたくない?

 

冷静期間が必要なのかの「3つの理由」とは?

人ってどうしても理由もわからずにダメって言われても…納得できないところもあるやんか。

それもわかるで〜。

アタシも何事もちゃんと理由がわかるまでは附に落ちないもん。

なので、冷却期間を置かなければならない「3つの理由」をちゃんと紹介するからね。

 

自分自身がまず冷静になるため

恋人と別れた直後っていうんは、強いショックによって冷静さを欠いてしまっている状態。

軽いパニックみたいなもんやね。

そりゃそうよね、大好きな人と別れたんやから。

 

けれど復縁を成功させるためには、きっちりと時間をおいて頭を冷やし、冷静さを取り戻すことが重要になります。

冷静になってみないとわからない事っていうのは意外に多いもの。

本当に彼が必要なのか…

本当に心の底から彼とやり直したいと思っているのか…

一度冷静になって、自分の心に正直に考えてみてね。

 

そうして出した答えなら、あなたはきっと自信をもって行動できるから。

 

マイナスイメージを払拭するため

別れた理由がなんであれ、恋人と別れる事は自分にとってマイナスの出来事。

なんでも後ろ向きに捉えてしまう負のスパイラルに落ち込む事もあったりする。

でも彼との復縁を望むのであれば、別れのマイナスイメージは出来る限り払拭しなくちゃいけないんよ。

とにかく時間をかける事で、ショックや悲しみを和らげ、別れの悪い印象を薄めていきましょう。

マイナスイメージを払拭して前向きになった気持ちで、相手と向き合う事が何よりも重要やからね。

 

マイナスのイメージを持ったままだと、彼に会った時に彼を責めてしまったり自分を下卑してしまったりする可能性があるんです。

そんな元カノに会ったとして、彼の心が復縁に向かうと思う?難しいよね。

だからマイナスイメージは絶対に払拭して、とにかく前を向けるようになろう。

 

別れの原因を解消するため

冷却期間の長さは主にここで決まると言っても過言ではない「別れの原因」。

あなたの別れの原因は何だったか思い当たる事はありますか?

どんな原因だったとしても、その原因自体が解消されないと例え復縁が上手くいったとしても同じ事を繰り返してしまうの。

 

自分に思い当たるならそこを改善すべき努力が必要になる。

彼に原因があるけれど復縁を望むなら、その原因に向き合う心構えが必要になる。

 

どちらにしても大変な事だけれど、復縁を成功させるためには必要不可欠なことなんだよね。

 

原因別、冷却期間の長さの違い

頑固な男性の場合や、何度も別れを繰り返し「これで最後にする」と決意して別れたようなケースの場合は特に言える事なんやけど。

「一筋縄ではいかない」んよ。

当然とも言えるほど冷却期間は長くなる。

年単位で長いと3年位になることも。

イツキイツキ

あと1年あったらオリンピックやん

 

長く離れるのは辛く苦しい期間となるでしょう。

けれどちゃんと時間をかける事でお互いの大切さに気づく事もあったり、以前とは違った考え方をする事が出来るようになる事もあるんよ。

 

喧嘩別れの場合、口論程度なら2〜3週間。

でも大きな喧嘩の場合や、付き合いの長かったカップルの場合はそれなりに時間が必要なんよ。

短くとも半年以上はかけたいところかな。

 

そして彼氏から別れを告げられた場合は、最低3ヶ月以上。

自分からは連絡を一切せず、原因をしっかりと把握し冷却期間中はその改善に努めましょ!

 

最後のパターンは自分から別れを告げた場合。

もし相手がまだ貴女を想っているのが分かるのであれば、冷却期間をおかずに復縁するのが可能やで。

素直に謝りましょう。

でも、それを彼が受け入れてくれなかった時は通常通り1〜3ヶ月の冷却期間をとってもう一度アプローチしてみるのがベストです。

 

男女の行動はここまで違う!

実は、別れた後の男女の行動にはかなり違いが見られるって知ってる?

 

恋愛心理学のデータではなんと!男の方が元カノに対して未練タラタラになるのが多いんよ!

自分から振っても、相手に振られても後悔するんやって。

いやいや!振ったのお前やん(怒)!ってツッコミたくなるけど。

でもそういうところが復縁の鍵になるのも確かなんだよね。

 

女は別れた後ショックを受けて泣いたり落ち込んだり。

でもその後は1人でいることを克服して前向きになっていく。

 

男は別れた後、ちょっと解放感からテンションが上がってはしゃいじゃったりする。

でもその後、日が経つと元カノの事をだんだん思い出して1人でいることが寂しくなってくるんだよね。

 

「どんだけ自分勝手やねん!」とか「子供か!」と突っ込みたくもなるけど男ってそういうもの。

イツキイツキ

男ってそういう生き物やんな…

 

だから冷却期間は男性の行動も前提にして、3つの理由を踏まえた上で実行できればそりゃあ復縁の成功率もあがるってもんなんやね!

男性の行動についてはこれも参考にしてみてな。

本日のまとめの言葉

今回、冷却期間が必要な3つの理由についてお話させて頂きました。

  1. 自分自身がまず冷静になるため
  2. マイナスイメージを払拭するため
  3. 別れの原因を解消するため

     

    気持ちとしては「そんなもん要らん!すぐ復縁したい!」っていうのもわかるんやけどね。

    でもそこはぐっと我慢して、冷静に考えて欲しいんよ。

    それが復縁にもあなたの幸せな未来にも繋がっていくから。

     

    女の人は、別れという辛い事だったとしてもちゃんと冷静に見る事も分析する事もできるんよ。

    そうやって考えると女の人って本当強いなって思います。うん。

    きっとその強さはあなたをより綺麗にしてくれるで!

     

    イツキはいつでも貴女の復縁が上手くいく事を願ってます!

    最後までお読み頂きありがとうございました。

    まったね〜♪

    ▶ TOPに戻る