復縁の告白内容は?元彼に気持ちを伝えるための最善方法とは

 

星の数ほどあるサイトの中からこちらにご訪問して下さり、ありがとうございます。

 

家を整理するために家具の移動をしたら腕は筋肉痛、足は痣だらけになりました。

笑っちゃうくらい持ち上がりませんでした。

スクワット意味なし(毎日してる)。

スクワットではなくて私のやり方かな・・・。

まだ、一か月ぐらいだけどね。

アハ♡

昔より体力落ちたかな・・・。

どうも復縁魔女こと、イツキです。

 

今回は、復縁の告白内容は?元彼に気持ちを伝えるための最善方法とはでございます。

復縁の告白をしたいけれど、伝え方がわからない方のために、

  • 絶対に復縁できる告白のセリフ
  • 言葉以外で告白の成功率を上げる方法

この2つを用意しました。

復縁の告白を成功させるためには、あなたの事前準備にかかっています。

元カレの性格に合わせた一番良いセリフを見つけてください。

あなたが告白でベストを尽くせるように、応援してるよ♡

そして、あなたと元カレは復縁♡

 

それでは、

レッツラゴー!!!

 

告白前に準備すること

 

復縁の告白を成功させるためには、あなたの事前準備にかかっています。

具体的には、なにを準備すれば良いかを見て行きましょう。

 

今の自分の気持ちを確かめる

「復縁をしたい」という願いにがんじがらめにいつしかなってしまっていたり、

「今まで頑張った」という事実に固執しまっていたり、

これは、一生懸命な人ほど起こりやすく、気をつけなければなりません。

もう一度、あなた自身が「本当に復縁をしたいのか」考え、

本当に彼のことが好きで、復縁を望むなら、告白をしましょう。

もしも、

実は、彼のことが好きか分からなくなっている・・・。

上手くやっていけるか不安・・・。

このように考えるならば、告白はやめた方が良さそうです。

言霊ってわかりますか。

あなたが発する言葉には、あなたの気持ちが重なります。

加えて、表情やちょっとした態度にも後ろ向きな姿勢は伝わるのです。

自分に正直になりましょう

 

元カレの状況を確認する

あなたが準備万全でも、元カレが受け止める準備が整っていなければ、復縁は成立しないでしょう。

あなたからの告白を彼が聞いて、彼がきちんと真剣に考えてくれる余裕があるかを確認しましょう。

男性は、同時にあまり多くのことを考えることができません。

  • 仕事で忙しい日々が続いているか
  • 何か彼自身が悩みを抱えてはいないか

このようなときは、

余裕がないことを理由に断られてしまいます。

加えて、

「こんなに忙しいって言ってるのに・・・。」

「あいつは、自分勝手だ。」

などど、思われてしまう可能性も高いです。

告白を成功させるために、一番良いタイミングを待ちましょう。

 

自分のアピールポイントを用意

復縁の告白を成功させるためには、「別れてからこんなに変わったんだ」と言える自分を相手に見せる必要があります。

相手から

「また同じことを繰り返してしまうのは良くないからそれぞれ別の道を歩みましょう。」

このように断られてしまうことがよくあるのです。

彼は、同じことを繰り返してしまうことを懸念しているのです。

復縁を成功させるためには、自分磨きが大切です。

あなたのことで彼が嫌だと思っていることを、改善することはできたか。

きちんと改善できたと彼にアピールできるのか。

改善したことをアピールすることは、復縁をする際に、重要視されるところです。

相手が復縁への不安を解消できるように準備をしましょう。

 

告白のセリフ5選

 

告白は、心に響かせることが大切です。

あなたは「元カレに何を伝えたいのか」を考えながら、一つずつ、その効果も含めて見て行きましょう。

 

あなたが好きです。

ストレートに気持ちを伝えるのが一番早い方法です。

また男性は、相手の気持ちを察することができません。

イツキイツキ

それわかる

曖昧な表現の告白よりも、ストレートに「好きです。」と言われた方が、印象に残るものです。

彼の心にも強く響くはずです。

プライドを捨てて、あなたのまっすぐな気持ちを伝えましょう。

 

あなたじゃないとだめなの。

先に述べたように、男性は鈍いということもありますが、他にも復縁に慎重であったりすることが多いです。

なので、男性には、告白の内容の前に、あなたが「別れてからずっと考えていた」ということを気づかせなければなりません。

別れてからよく考えて出した結論であるということを伝えましょう。

具体的に彼との喧嘩の中で指摘されたことを入れて伝えるのがおすすめです。

例えば、束縛をしてしまっていた人は、こんな感じ♡

「私が自分に自信が持てなくてあなたに依存してしまっていたからしつこくあなたの予定を聞いてしまった。それでは、あなたとの信頼関係が壊れてしまうことが分かった。これからは、あなたを信じて疑わないことにした。」

プラス

「あなたじゃないとだめなの。また付き合って欲しい。」

こんな風に伝えられると、元カレも

「あいつは、俺のあのときの言葉を覚えててくれたんだな。もうしないと言っているし、俺じゃないとあいつはダメなんだな。」

と復縁に前向きになってくれるのです。

また、男性は、女性より優位でいたい生き物です。

特に、恋愛関係の女性には・・・。

イツキイツキ

男って・・・。

 

あなたが一番だわ。

人は失ってはじめて相手の存在の大きさに気がつくものです。

別れてから、改めて元カレの存在の大きさに気がついたことを伝えましょう。

男性は、人より勝っていると思いたいのです。

ここは、あなたが一歩引いて元カレを立てるところです。

そして、男性は、一番が大好きということも覚えておくと良いでしょう。

 

私じゃ駄目かな...。

うわべ遣いで言われたら、ドキドキしてしまいそうですよね(想像した)

これは、優位に立ちたい気持ちではなく、甘えたい感じにさせたいときに使えるセリフです。

男性は、可愛いと思ってしまい、受け入れてしまうようですよ♡

イツキイツキ

男性の気持ちわかる

 

あなたとずっと一緒にいたいの。

これは、「ずっと」という言葉が、これから一緒に歩んでいくことを彼に連想させるセリフです。

男性は、

「そんなに一緒にいたいのか」

とか、

「かなり真剣に持ってくれているんだな」

と捉えてくれるセリフです。

真剣さを伝えるなら、このセリフがオススメです。

 

言葉以外で告白の成功率を上げる方法

 

告白を最高の出来事にするために、告白のセリフ以外でも成功率上げる方法も見て行きましょう。

雰囲気づくりも大事だよね!

 

元カレの好みの女になる

見た目が魅力的なことは、狩猟本能の高い男性には、効果があります。

ただ、魅力的なだけで、復縁の確率は高くなります。

イツキイツキ

男って簡単

あなたが魅力的になっていると、元カレのあなたへの負の感情を忘れさせ、リカバリーすることができます。

  • スタイル
  • ファッション
  • その他、髪型、ネイル etc...。

外見でも元カレの心を掴みましょう。

イツキイツキ

身だしなみは、つねに大事だから

 

ロケーションを決める

男性は、ロマンチストです。

ムードにとても弱いです。

顔を赤らめてしまうようなシチュエーションでも、オッケーです。

むしろ、酔いしれるかも。

(そんな元カレに引かないでね。)

二人きりになれて、しかも雰囲気の場所へ彼を連れ出しましょう。

結構、周りの環境って大事。

そう言えば、有名な橋が見えるところや、花火へ誘って頂いたことがあったな(イツキ経験)。

 

相手の目を見るのがポイント

相手の目を見て話す。

当たり前やないかい!

って思うやろ。

告白の場合は、恥ずかしさのあまり下を向きながら伝える人が多い。

本気度を伝えるため、彼の目をしっかり見て告白をしましょう。

(睨んじゃだめだよ)

 

遠距離の場合の告白方法

 

会えないから・・・メッセージにしようかな。

確かに、、直接会うことは物理的に難しいですが、成功率が変わってきてしまうので、できれば直接がオススメです。

文字だとなかなか伝わりくいからです。

それが駄目であれば、動画で送るのが良いでしょう。

(知り合いに、新幹線飛び乗った子おったな。)

 

返事を保留にされたら期限を設ける

 

即答は難しいかもしれません。

(男性は、考えるの時間かかるんやったな。)

期限を決めると、しっかり答えを出そうと頑張ってくれます。

また、返事がなくても、連絡するきっかけにもなるし、

あなたが返事がいつ来るのかともやもやせずにいられます。

良い感じと思わせて、もて遊ばれないように気をつけてな。

このパターン、私は、一番心配です。

 

本日のおまとめ

 

元彼に気持ちを伝えるための最善方法とは、

あなたが自信を持って告白できることだと思います。

言葉には魂が宿ります。

あなたの姿勢には、彼への想いが反映されます。

自分磨きも新しいことにチャレンジも本当は、あなたが幸せになるためであってほしいと私は思います。

彼も輝いているあなたが好きなはずです。

頑張ると言うのは、簡単だけれど、告白までしっかりと準備ができるあなたは

本当に努力をしたのだと思います。

その努力を彼に会って伝えてくださいね。

 

復縁したいあなたを応援してる。

 

それでは、またねーん☆

▶ TOPに戻る